工法倶楽部
TOP 工法・材料検索 工法倶楽部とは? ご利用方法 工法登録のご案内 Q&A お問い合せ
工法・材料検索
  名称   NAPP工法
  取り扱い会社名   高周波熱錬株式会社
  メールアドレス   y-miura@k-neturen.co.jp
  電話番号   03-3443-5444
  FAX番号   03-5488-7538
  会社ホームページ   http://www.k-neturen.co.jp
  工法URL   http://www.k-netsuren.co.jp
  施工可能地域   ・北海道  ・青森県  ・岩手県  ・宮城県  ・秋田県  ・山形県  ・福島県  ・東京都  ・神奈川県  ・埼玉県
  ・千葉県  ・茨城県  ・栃木県  ・群馬県  ・新潟県  ・富山県  ・石川県  ・福井県  ・山梨県  ・長野県
  ・岐阜県  ・静岡県  ・愛知県  ・三重県  ・滋賀県  ・京都府  ・大阪府  ・奈良県  ・和歌山県  ・兵庫県
  ・鳥取県  ・島根県  ・岡山県  ・広島県  ・山口県  ・徳島県  ・香川県  ・愛媛県  ・高知県  ・福岡県
  ・佐賀県  ・長崎県  ・熊本県  ・大分県  ・宮崎県  ・鹿児島県  ・沖縄県
  登録カテゴリー一覧   ・共通工 > 連続地中壁工 > コンクリート打設工
  ・構造物補強工 > 橋梁床版補強工 > 落橋防止工
  ・共通工 > 連続地中壁工 > 継手工
  ・共通工 > アンカー工 > 鉄筋挿入工
  ・基礎工 > 深礎工 > 構築工
  ・基礎工 > 深礎工 > グラウト工
  ・コンクリート新設工 > 鉄筋工 > 鉄筋工
  ・付属設備対象工 > 橋梁付属設備設置工 > PC鋼棒式落橋防止設置工
  ・付属設備対象工 > 橋梁付属設備設置工 > 鋼鎖式落橋防止設置工
  ・道路維持修繕工 > 橋梁補修工 > 橋梁構造物断面修復工
  ・道路維持修繕工 > 橋梁付属物補修補強工 > 沓座拡幅工
  ・道路維持修繕工 > 橋梁付属物補修補強工 > 支承補修工
  ・道路維持修繕工 > 橋梁付属物補修補強工 > 落橋防止対策工
  ・構造物補強工 > RC橋脚耐震工 > プレストレス鋼線補強工
  ・構造物補強工 > RC橋脚耐震工 > RC巻立工
  ・構造物補強工 > RC橋脚耐震工 > ブレース耐震補強工
  ・構造物補強工 > 支承構造物補強工法 > 支承取替工
  ・構造物補強工 > 桁構造物補強工法 > 増設桁工
  ・構造物補強工 > 桁構造物補強工法 > RC巻立工
  ・構造物補強工 > 建築用床補強工法 > 増桁補強工
  ・構造物補強工 > 建築用柱補強工法 > プレストレス鋼線補強工
  ・構造物補強工 > 建築用柱補強工法 > RC巻立工
  ・構造物補強工 > 建築用柱補強工法 > ブレース耐震補強工
  ・構造物補強工 > 建築用柱補強工 > その他の耐震補強工
  ・構造物補強工 > その他の構造物補強工法 > 橋梁拡幅工
  ・構造物補強工 > その他の構造物補強工法 > 第三者被害対策工
  ・橋梁上部構造対象工 > 鋼橋架設工 > 沓据付工
  ・橋梁上部構造対象工 > 鋼橋架設工 > 本締め工
  ・橋梁上部構造対象工 > 鋼橋架設工 > アンカー工
  ・橋梁上部構造対象工 > ポストテンション構造物製作工 > ポストテンション場所打ちホーロースラブ橋工
  ・橋梁上部構造対象工 > ポストテンション構造物製作工 > ポストテンション場所打ち箱桁橋工
  ・橋梁上部構造対象工 > ポストテンション構造物製作工 > 鉄筋工
  ・橋梁上部構造対象工 > ポストテンション構造物製作工 > PCケーブル工
  ・橋梁上部構造対象工 > ポストテンション構造物製作工 > 緊張工
  ・橋梁上部構造対象工 > プレキャストセグメント組立工 > 主桁組立工
  ・橋梁上部構造対象工 > プレキャストセグメント組立工 > PCケーブル挿入・グラウト工
  ・橋梁上部構造対象工 > プレキャストセグメント組立工 > PCケーブル緊張工
  ・橋梁上部構造対象工 > 橋梁付属物設置工 > 橋梁用支承設置工
  ・橋梁上部構造対象工 > 橋梁付属物設置工 > 落橋防止装置取付工
  ・橋梁下部構造対象工 > RC橋脚設置工 > 鉄筋組工
  ・橋梁下部構造対象工 > 基礎構造物設置工 > ケーソン基礎架設工
  ・橋梁下部構造対象工 > 基礎構造物設置工 > アンカーフレーム架設工
  ・橋梁下部構造対象工 > 基礎構造物補強工 > 基礎構造物補強工
  ・橋梁下部構造対象工 > RC橋脚補強工 > RC橋脚耐震補強工
  ・橋梁下部構造対象工 > RC橋脚補強工 > RC橋脚維持補修工
  ・建築工 > 基礎関連工 > 鉄筋設置工
  ・建築工 > RC工 > 鉄筋設置工
  ・建築工 > 構造補強工 > 耐震工
  ・建築工 > 構造補強工 > 金属補強工
  工法概要   緊張力を保持された鋼棒を現場にて解放しプレストレス化
  特徴   ・ 工場でプレストレス力を導入し現場での緊張管理が不要
  ・ 現場で反力アバットやジャッキを使用せずプレストレス力を導
  ・ セットロスがなく短いコンクリート部材も確実にPC化が可能
  ・ プレストレスの入った状態で鉄筋と同等に運搬・配置が可能
  ・ 既設コンクリート部材と新設コンクリート部材を容易に一体化可能
  施工工程   ・ 専門工場で組立て緊張力導入したユニットを現場配置
  ・ コンクリート打設と硬化
  ・ 専用機器による緊張力の解放によりプレストレスの導入
  ・ 中空PC鋼棒端部に防錆キャップ取付
  ・ 切り欠き部に後埋めモルタル充填
  工法設計単価   最低価格  
  平均価格   施工法、条件により異なる
  最高価格  
  必要な機器材   ・ NAPPユニット
  ・ 専用解放機器
  ・ 端部防錆キャップ
  ・ 切り欠き部後埋め用無縮モルタル
  ・ 防護用安全装置
  基準量での工期   基準施工量   工場での緊張力導入により現場施工量は少ない
  工期日数  
  施工時の制限事項   場所的条件   新設、既設構造物共に施工可能
  気象的条件   特に無し
  その他条件  
  主要実績   国関連案件   曽根高架橋、国道241号平原大橋等多数
  自治体案件   天川第二橋梁等多数
  民間案件   東海北陸自動車道五箇山橋、JR中央線東京駅重層化等
  一般条件での耐久年数   
  特殊条件での耐久年数   
  使用に必要な資格   ・ 特に必要としない
  ・
  ・
  施工安全性   現場施工までの防護用安全装置で安全の確保
  環境安全性   特になし
  維持補修性   プレストレス力不足の場合は容易に追加施工
  再施工条件   プレストレス力の簡易的確認
  再施工価格   最低価格  
  平均価格   施工法、条件により異なる
  最高価格  
  共通条件  
  100年間のLCC   LCC/年  
  条件  
  NETIS番号   KK980034-A、KK060039-A
  審査証明等(公的機関)   ・ 土木学会審査証明
  ・
  ・
  審査証明等(特許等)   ・
  ・
  ・
  審査証明等(その他)   ・
  ・
  ・
  イメージ画像   
  図