工法倶楽部
TOP 工法・材料検索 工法倶楽部とは? ご利用方法 工法登録のご案内 Q&A お問い合せ
工法・材料検索
  名称   プレートフック工法
  取り扱い会社名   東京鉄鋼土木株式会社
  メールアドレス   takahiro_kokura@tokyotekko.co.jp
  電話番号   03-3230-2741
  FAX番号   03-3230-2844
  会社ホームページ   http://www.tokyotekko.co.jp
  工法URL   kazuya_terado@tokyotekko.co.jp
  施工可能地域   ・北海道  ・青森県  ・岩手県  ・宮城県  ・秋田県  ・山形県  ・福島県  ・東京都  ・神奈川県  ・埼玉県
  ・千葉県  ・茨城県  ・栃木県  ・群馬県  ・新潟県  ・富山県  ・石川県  ・福井県  ・山梨県  ・長野県
  ・岐阜県  ・静岡県  ・愛知県  ・三重県  ・滋賀県  ・京都府  ・大阪府  ・奈良県  ・和歌山県  ・兵庫県
  ・鳥取県  ・島根県  ・岡山県  ・広島県  ・山口県  ・徳島県  ・香川県  ・愛媛県  ・高知県  ・福岡県
  ・佐賀県  ・長崎県  ・熊本県  ・大分県  ・宮崎県  ・鹿児島県  ・沖縄県
  登録カテゴリー一覧   ・トンネル対象工 > シールドトンネル工法 > シールド立抗工
  ・トンネル対象工 > トンネルNATM工法 > ロックボルト工
  ・建築工 > 構造補強工 > 耐震工
  ・建築工 > RC工 > 鉄筋設置工
  ・建築工 > 基礎関連工 > 鉄筋設置工
  ・建築工 > 基礎関連工 > 土工
  ・橋梁下部構造対象工 > RC橋脚補強工 > RC橋脚維持補修工
  ・橋梁下部構造対象工 > RC橋脚補強工 > RC橋脚耐震補強工
  ・橋梁下部構造対象工 > 基礎構造物補強工 > 基礎杭工
  ・橋梁下部構造対象工 > 基礎構造物設置工 > 地中連続壁設置工
  ・橋梁下部構造対象工 > RC橋脚設置工 > 鉄筋組工
  ・共同溝対象工 > 共同溝(現場打ち) > 継ぎ手工
  ・構造物補強工 > 建築用柱補強工法 > ブレース耐震補強工
  ・構造物補強工 > 建築用柱補強工法 > RC巻立工
  ・構造物補強工 > 桁構造物補強工法 > RC巻立工
  ・構造物補強工 > RC橋脚耐震工 > ブレース耐震補強工
  ・構造物補強工 > RC橋脚耐震工 > RC巻立工
  ・既設コンクリート劣化対策工 > ひび割れ・浮き対策工 > ひび割れ注入材料工
  ・既設コンクリート劣化対策工 > ひび割れ・浮き対策工 > 注入孔処理工
  ・既設コンクリート劣化対策工 > ひび割れ・浮き対策工 > グラウト充填工
  ・既設コンクリート劣化対策工 > 小断面修復工 > 目地補修工
  ・既設コンクリート劣化対策工 > 小断面修復工 > モルタル注入工
  ・既設コンクリート劣化対策工 > 小断面修復工 > 左官施工
  ・コンクリート新設工 > 鉄筋工 > 鉄筋工(ガス圧接工)
  ・コンクリート新設工 > 鉄筋工 > 鉄筋工
  ・コンクリート新設工 > モルタル工 > 特殊モルタル工
  ・コンクリート新設工 > モルタル工 > 無収縮型モルタル工
  ・コンクリート新設工 > モルタル工 > 高強度モルタル工
  ・基礎工 > ニューマティックケーソン工 > ケーソン構築工
  ・基礎工 > 深礎工 > グラウト工
  ・基礎工 > 深礎工 > 構築工
  ・基礎工 > 場所打ち杭工 > リバースサーキュレーション工
  ・基礎工 > 場所打ち杭工 > オールケーシング工
  ・共通工 > ボックスカルバート工 > 躯体工
  ・共通工 > アンカー工 > 鉄筋挿入工
  ・共通工 > 連続地中壁工 > 継手工
  ・共通工 > 連続地中壁工 > 鉄筋かご建て込み工
  ・共通工 > 擁壁工 > コンクリート擁壁工
  ・共通工 > 擁壁工 > プレキャスト擁壁工
  工法概要   ネジ鉄筋と定着金物が分離し、鉄筋配筋後に取付け可能な定着工法
  特徴   ・ 複雑な配筋作業もフックがないため施工性が向上
  ・ 金物を配筋後に取付できるため現場での鉄筋長さ調整が可能
  ・ 定着性能は半円形フックと同等性能以上を確保
  ・ 半円形フックでは施工困難な場所でも施工可能
  ・ 取付けが簡単なため現場職人の有効活用ができる
  施工工程   ・ 鉄筋にプレートフックを取付けマーキング位置まで挿入
  ・ プレートフック位置を調整して被拘束鉄筋に掛け結束する
  ・ エポキシ樹脂を専用注入ガンにセットしノズルを取付ける
  ・ エポキシ樹脂をプレート板面にある注入孔から注入する
  ・ エポキシ樹脂の溢れ出しを確認する
  工法設計単価   最低価格   599円/セット(D13エポキシ含む)
  平均価格   2382円/セット(加重平均とする)
  最高価格   6708円/セット(D51エポキシ含む)
  必要な機器材   ・ ダブルカートリッジガン
  ・
  ・
  ・
  ・
  基準量での工期   基準施工量   1?600箇所/2人・日
  工期日数   1日
  施工時の制限事項   場所的条件   制限なし
  気象的条件   制限なし
  その他条件   制限なし
  主要実績   国関連案件   国交省各整備局
  自治体案件   東京地下鉄、東京都下水道局、東京都港湾局、栃木県等多数
  民間案件   東京電力、NEXCO東日本、小田急電鉄
  一般条件での耐久年数   特になし
  特殊条件での耐久年数   特になし
  使用に必要な資格   ・ 特になし
  ・
  ・
  施工安全性   特になし
  環境安全性   特になし
  維持補修性   特になし
  再施工条件   
  再施工価格   最低価格  
  平均価格  
  最高価格  
  共通条件  
  100年間のLCC   LCC/年   39.7円/セット・年
  条件   耐久性を60年と仮定する
  NETIS番号   KT-070015-V
  審査証明等(公的機関)   ・ (財)土木研究センター証明番号0511
  ・
  ・
  審査証明等(特許等)   ・ 特許番号04471256号
  ・
  ・
  審査証明等(その他)   ・
  ・
  ・
  イメージ画像   
  図